KADeLと富国ハウジングのブログ|大阪・関西で建築家と共に注文住宅を建てる

大阪を中心に関西全域で注文住宅(パッシブデザイン住宅)を手掛けているKADeL(カデル)と富国ハウジングの社員の日常なブログです。KADeLは光や風、熱や空気をデザインしている、受賞歴多数の大阪の一級建築士事務所。土地探しから設計施工、アフターサービスまで一貫対応いたします。

カテゴリ:現場レポート KADeLの家ができるまで > 河内長野市K様邸

吹付断熱後の大工工事は、床、天井貼りからです。まずは床貼りが歩進んでいます。ピアノ室には自己主張の強い遮音シートが貼られ、壁貼りの前段階もほぼ終了しています。 外部は外壁に通気用の木材(胴縁)が施工されています。現場監督 下津 ...

外部に面した壁と天井に吹付断熱が施工されました。外気に左右されず家の中を快適な環境に保つとともに、防音の効果もあります。K様邸はピアノ室がございますので、そちらは断熱材を詰め込み、さらに防音効果を高めています。ここまでで内部工事は前半が終了です。現場監 ...

大工工事は天井や間仕切壁の下地造作が進んでいます。同時に電気、ガス、設備の配線・配管関係の仕込みも進んでいます。仕上げ時には壁の中に隠れる部分ですが、ここがきっちりできていないときれいに仕上がりません。各業者さん、猛暑の中で、仕上げをイメージしながら汗だ ...

すべてのサッシと玄関ドアが入りました。鍵もかかるようになりましたので、防水・防犯両面から安心です。 ここから内部工事が本格的になってきます。まずは設備屋さんが、水回りの仕込みをしてくれました。現場監督 下津 ...

ガルバリウムの屋根が葺かれました。これで屋根からの雨は完全に防ぐことができます。 外壁の構造材も貼り終わりました。数日のうちに、この構造材にも防水シートが貼られます。そこまでいけば、雨漏りの心配なく内部の工事を進めることができるようになります。現場監督 ...

屋根に防水材を敷き、雨をしのげるようになりました。ここから外壁貼りと、内部の金物付けが始まります。 大工工事が本格的に始まりました。まずは、柱と土台や屋根を緊結する金物付けからです。現場監督 下津 ...

いきなりの梅雨明け、猛暑のなか、上棟作業が行われました。まずは1階の柱が建てられ、その上に梁が組まれていきます。1階天井(2階床)が貼られ、同じように柱、梁の順に2階が組まれていきます。最後に屋根ができました。暑さで休憩を長くとりながらの作業になりましたが、無 ...

池の眺望がとても綺麗な場所で 晴天の中、無事上棟致しました。 完成後窓からどのような景色が望めるか非常に楽しみです! これから完成に向けて、K様の想いが詰まった住宅を、 スタッフ一同の力を合わせて精一杯建てて参りますので、 今後ともどうぞよろしくお願いい ...

↑このページのトップヘ