KADeLと富国ハウジングのブログ|関西で土地探しから建築家と共に注文住宅を建てる

大阪を中心に関西全域で注文住宅(パッシブデザイン住宅)を手掛けているKADeL(カデル)と富国ハウジングの社員の日常なブログです。KADeLは光や風、熱や空気をデザインしている、受賞歴多数の大阪の一級建築士事務所。土地探しから設計施工、アフターサービスまで一貫対応いたします。

カテゴリ:現場レポート KADeLの家ができるまで > 堺市I様邸

階高を取るために2階の梁の上下が複雑な形になっています。 これが作業遅れの原因の1つとなりました。 棟が上がらないまま、大工さんたちは最後の休憩に入りました。 その休憩中、どこからともなく「まだ間に合うんじゃない?」という声が出ました。 休憩後、大工さんたち ...

晴天に恵まれ、上棟の日を迎えました。 6人の大工さんが連携して柱を立て、その上に梁を設置していきます。 お昼までに1階部分が完成しました。 お昼からは2階部分にかかります。 が、2階の階高が高かったのと、耐震を強化した仕様のため、作業が難航しました。 夕方には ...

こんにちは。 本日は、堺市I様邸の上棟に少し立ち会わせていただきました。 お天気にも恵まれ、気持ちのよい快晴の中、 施主様ご家族と棟梁やお手伝いの大工さんとのご挨拶が行われました。 昼過ぎに少し雨も降りましたが、 雨が降ることは実は縁起がよいともいわれて ...

基礎工事と外部配管が終わり、大工さんがお家の土台を組んでくれました。床の下には断熱材が仕込まれています。 土台ができた後は、上棟時に使用する材料を積み上げていきます。 この時点で重機を使用し、プレ上棟という感じです。 積み上げた材料にブルーシートをかぶせ ...

基礎の型枠が外され、玄関のところにコンクリートを増し打ちすれば、基礎工事は完了です。その後、設備屋さんが、基礎の中を通る給排水管と、基礎外部の排水管を仕込んでくれています。ここからは大工さんにバトンタッチです。 現場監督 下津 ...

↑このページのトップヘ